空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

写真:室内

散らかった部屋が愛おしいという感覚。

※撮影:2022年7月。自宅。写真を選んでいったら、たまたま自宅内の薄暗い写真と外の明るい写真が並びました。自分でもほんとワンパターンだと思いますが、こういう写真が好きなんですよね。・・・昔、同じように部屋の中の写真を上げていたら前職の上司に、…

豊かな時間の流れに身を委ねて。

撮影:2022年5月。カフェとホイスコーレteltis。 ここのところ仕事やPTA、御柱の準備に暮らしのいろいろな春の仕事と、充実した日々を送っていて心は満足しているものの体は年齢に正直でだいぶ疲れがたまってきていたので、またもや半休をとってお気に入りの…

今の自分は途中の自分ではない、という気づき。

撮影:2021年12月。諏訪湖、自宅、近所。人生には目的があり、その目的に至るまでは過程であり努力している途上であり人生の途中である。という様な人生の捉え方、これを否定して、今この瞬間こそが人生の全てであり、これこそが本番であり、今この瞬間にス…

豊かな時間が流れる場所。または、また少し理想の写真に近づけた話。

撮影:2021年12月~1月。カフェとホイスコーレ teltis(テルティス)。日にちは違いますがいずれも地元下諏訪に昨年できたカフェに行ったときの写真です。自分の勤務はときどきシフト勤務があるんですが、そういうときは、時間をつくってこちらのカフェに行き…

「奏でる家」というなんとなくの思い付きが本当になった瞬間。

撮影:2021年12月。自宅。 今住んでいる家は、以前に勤めていた工務店で建てた家です。 そこでは建てた家に名前をつける習わしがありまして、家が完成したとき、 で、名前どうする?と聞かれて、自分が音楽を聴くのが好きで、 ちょっとかっこつけて「奏でる…

てな訳で犬暮らし中。これが僕の人生観に大きな影響を与えている。

※撮影:2021年9月~10月。自宅。なんていう思わせぶりなタイトルを書いておいて、今回はその事に一切触れないんですが。まだうまく言葉にまとまらないんですよね。でもすごく、今までの生き方考え方・・・というものが自分にあったことに気付かせてくれて、…

くらしの景色。(余計なものが写っている写真が好き)

※撮影:2021年6月。自宅。 この時期はどうも室内や生活の写真を撮ることにハマっていたようです。X100Fになって、室内に入り込んでくる光と、そして対となる影や黒が柔らかくきれいに写るなぁ、と感じています。僕はこれでも以前は工務店(木造建築の設計~…

自分が実はコミュニケーションが苦手だということに最近気が付いたんです。

※撮影:2021年5月。自宅、近所。 実は、とか言われても、知らんがな、だと思いますが、僕は自分では会話やコミュニケーションが得意だと思っていました(笑)口数も多いし、人と話すの好きだし、書く文章も大体長いし(苦笑)、ペラペラ次々と話すことが浮か…

家族の写真

※撮影:2021年2月〜3月。近所、自宅。家族写真。まとめてたくさん上げちゃいました。我が家は割と遊びを自分たちで考えてやってます。このおはじきっぽいのは息子が考えた国盗り(陣取り)ゲームで、私も参加して三人でやっているところ。写真が分かれている…

犬のいる暮らし

珍しくテーマに沿って写真を集めてみました。去年の12月に保護されいて9歳の雑種の雌犬、「はな」を譲り受けて暮らし始めてはや五ヶ月。最初は犬を飼うことへの責任のハードルや老犬だし、過去に2度捨てられてるしと大丈夫かな、と不安もありながらのス…

薪割りのコツ。繰り返しが生み出す自然体。

我が家は薪ストーブを使っています。 薪ストーブは大変温かくてよいのですが、燃料は当然、薪。 薪を準備しなければいけません。 お金を出せば割ってあってしっかり乾燥されていてすぐにも使えるものが販売されて いますが、1シーズンで平気で10万円を超え…

転ばぬ先の杖をしまって、転んで起き上がって歩き出すまでを。

仕事では、気を使って頭を使って、何かトラブルが起きないよう気持ちよく事態が進むよう、転ばぬ先の杖を一つでも多く心がけることが大切だと思います。で。今度は子育てなんですが、仕事とは違って、どこまで転ばぬ先の杖を我慢できるかが大切だな、と感じ…

犬生活、はじめました。

犬と暮らしはじめて二週間になります。 以前から娘が犬を飼いたいと言っていて、(真面目で責任感が強い息子は)犬を飼うことはきっと大変だと難色を示していたのですが、犬を飼うことで娘には責任感が芽生えるだろうし、優しすぎるきらいがある息子には飼い…

特に見向きもされないこれを一生懸命やっている自分ってかっこよくない?!

さて。前回、周りの反応は気にせず自分のやりたいことをやる、というようなことを書きました。まぁそれはそれとして(笑)毎日が自分のやりたいことばかりという人はまぁいいとして、多くの人はそうではないのではないでしょうか?毎日の家事、仕事、その他…

何気ない日常写真、そこにはきっと暮らしと時間と思い、そして命が写っていると思う。

先日のブログで、本人にとっては普通で当たり前のことがほかの人から見たときに新鮮で、その人ならではの個性的なものに映る、ということを書きました。はてなブログでいろいろな方の写真を拝見しますが、そんな中で、その人にとっての日常や毎日の暮らし、…

自分にとっての普通で当たり前、が他の人から見たときの個性になる。

自分の写真を見返したり、撮影した写真を取捨選択していると、まぁ普通の写真だな、平凡だな、って思う。もちろん、自分が感動した光景を写真に撮っているので自分にとっては最高に綺麗な写真なんだけども、すごく当たり前というか、特別驚くようなものはな…

夏休み子供研究

僕の住んでいる下諏訪という小さな街の商店街で、夏休み子供研究所(名前うろ覚え)というイベントがあって参加してきました。子供の自由研究になるような体験を商店街のいろいろなお店がそれぞれで体験イベントしてくれるというものです。今回参加したのは…

リコーGRⅢが気になって仕方ないので自分のX20に色を塗ってみた。

は?どういうこと?なんで?意味わかんない。そりゃそうですね。 sorairopanorama.hatenablog.com以前にこんな記事をUPしているんですが、僕が初めて買ったデジカメがこのX20で、それ以来肌身離さず愛用している。そんな大切な大切な道具を面白がって色を塗…

光と戯れる

我が家のキッチンはいわゆるアイランド型で、その作業テーブル的なところに吹き抜けからいい感じで光が差してくる。光の部分が照らされ明るく、その周りは薄暗い。そんな時間帯の室内の様子をとても好ましく思う。

木と土と薪ストーブに包まれて

僕は以前工務店に勤めていて、そのときに今住んでいる家を建てた。無垢の木と土壁でつくる家で、暖房は薪ストーブ。家を建てるときに苦労はあったけど(主にお金とかお金とかお金とか(笑))、今だって決してローンは楽じゃないけど、でも、それ以上の価値…

とりとめのない写真。同じ毎日。かけがえのない新しい毎日。

写真を撮るのは日常の中、暮らしの中で、写真をとるために出かけるということはない。その変わり、カメラは肌身離さず、通勤でも散歩でも子供と遊ぶ時でもどんなときも持ち歩いているんだけど、そうなるとまぁ写真は基本的にとりとめのない写真ばかり増えて…

土間亀、薪亀。

ちょいちょい登場している我が家の亀。埼玉に住んでいた頃に仕事に行こうと道に出たらミドリガメが歩いているのに出会い、保護してからずっと一緒に暮らしてる。昔は部屋の中をうろうろできるようにしていて、冬になるとこたつに入ってきて二日間くらいはこ…

ちっちゃなアーティスト達の陽だまりアトリエ

まぁいつもの親バカな訳ですが(笑)うちの子供達の美的感覚は天才なんじゃないかと常々思っている訳です。この日は、テレビで見た「歯ブラシで絵の具を飛ばして絵を描く」ということをやりたいと言い出したので場所をつくって好きにやらせた。最初は技法そ…

日常の中で写真を撮る、というスタイルで大切なこと。

その昔、トイカメラというものが流行っていた頃、僕も流行にのってロモのLC−Aを使って写真を撮っていた。ファインダーを覗いて写真を撮るのが楽しいなぁと毎日毎日写真を撮っていた。月日は流れ、世の中がとっくにデジカメの時代になっても、このファインダ…

割といい写真撮ってるじゃん。

いやいや、そのタイトルでこれらの写真かよ、って思った方、今から説明しますね(笑最近、写真の本をよく読んでいる。ナショナルジオグラフィックのブライアン・ピーターソンのシリーズや、割と硬派目の構図の本が面白くて。(こうすれば撮れる、傑作写真!…

とりとめのない写真たち。僕が写真を撮り、そして記事を書く理由。

じゃあ今回以外はとりとめがあるかというといつだってとりとめがないんだけど。主題もない。テーマもない。コンセプトもない。写真を撮るために出かける、ということもない。普通に暮らしていてどこへ行くにも何をするにもカメラを持ち歩いて、だからいつも…

古い建物

昔の建物をリノベーションしたり、掃除したり、ともかく大切に使っているのを見るのが大好きです。時間と、その時間の中で積み重ねられた暮らしだけが作り出せる風合いと美しさが宿っていると思います。我が家も無垢の木を使っているのが自慢なんですが(笑…

このたび会社をやめました〜その12。課題の分離、自己受容、他者貢献、そして今を生きる。

タイトルでピンと来た方、はい、アドラー心理学です。先日、嫌われる勇気、を読みました。昔からずっと、自分の自意識過剰に悩まされていました。相手はどう考えているのだろう?これしたら嫌われる?見限られる?ほんとはこの程度の人間なのに過大評価され…

夏の思い出〜猫のいる家

猫が好きです。昔猫を飼っていたこともあります。野良猫が勝手に家に通っていたこともあります。すごい懐いてくるよりも、つかず離れず、面倒くさそうに近くにいる、という距離感が好きです。夏に猫を20匹飼っている家に遊びにいったときの写真。じっとして…

このたび会社をやめました〜その7。自分を振り返ってみる。

さて。前回で長年見て見ぬ振り、そもそも自分にはそんなものはない、と思い込んでいた「自分がやりたいこと」。言い換えると「夢」、について向き合おうというところまで来ました。が、ぼーっと考えていてもなかなか出てきません。そこで、今まで自分が何を…