空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇む、ささやかで、見落とされがちな奇跡たちを、手紙を綴るように写真に残せたら。

自分が実はコミュニケーションが苦手だということに最近気が付いたんです。

f:id:Aozora100:20210827214016j:plain

f:id:Aozora100:20210827214036j:plain

f:id:Aozora100:20210827214121j:plain

f:id:Aozora100:20210827214132j:plain

f:id:Aozora100:20210827214220j:plain

f:id:Aozora100:20210827214302j:plain

f:id:Aozora100:20210827214309j:plain

f:id:Aozora100:20210827214403j:plain

f:id:Aozora100:20210827214443j:plain

f:id:Aozora100:20210827214509j:plain

f:id:Aozora100:20210827214522j:plain

※撮影:2021年5月。自宅、近所。 

実は、とか言われても、知らんがな、だと思いますが、僕は自分では会話や
コミュニケーションが得意だと思っていました(笑)
口数も多いし、人と話すの好きだし、書く文章も大体長いし(苦笑)、ペラペラ
次々と話すことが浮かぶ、と。

それはまぁ事実なんですが、しかし、でもちょっと冷静に振り返ってみると、そうでも
ないな、と。
実は告白してしまいますが、人と二人きりってシチュエーション、苦手です(汗)
嫌、とかじゃないんですが、うまく会話できないというか、間が持たないというか、
逆にそういう間とか意識しちゃう感じで余計にしゃべったり。
二人より三人がしゃべりやすい、というくらいに思っていたんですが、
いや、これ、実は二人っていうのが苦手なんじゃない?とつい最近ようやく気付き
ました(苦笑)

よくしゃべるとか、話すの好き、とか、そういうのも、よくよく考えてみると
なんていうか、すごく真面目な会話というよりは普通の会話っていうか、
どうでもいい会話っていうか(笑)、まぁ日常会話ですね、それも気心知れた人との
会話限定で、そういうシチュエーションだとよくしゃべるというか、そりゃそうだろ
っていう。

だから、まだ知り合って日が浅い人とか、真面目な会話とか、二人きりとか、
そうなると、実はすごい口数が減って、相槌一つとってもどういう返事すれば
いいだろとかいちいち考えたり、なんか自分の考えを言うっていうシーンでも
で、自分の考えってどんなだろう、ってすぐにはまとまらないのでなかなか
言葉が出てこなかったりします。

で。

そういうコミュニケーションが苦手だ、という気づきと共に、そして、だからこそ、
僕にはそういうコミュニケーションが必要で、かつ、自分は欲している、それを
したいと思っている、ということにも気づきました。

何か考えをまとめたり、新しいアイデアや意見を出そうとしたり、頭を使うような
とき、僕は自分一人ではもうびっくりするくらい何も出てきません(汗)
多分頭を使っているつもりで全く持って動いてないんじゃないかと思ってます。

それが、人と会話やコミュニケーションを取ることで、時間がかかるながらも
全く動いてなかった頭が回転するようになり、じりじりじりじり、遅くても、
それでも一歩一歩進んで、自分の中に思いや考えが浮かんでくるように
なりました。

だから実は、ブログに書いていることも、何かそういうコミュニケーションの残照で
あったりしますし、むしろ他の方へのコメントや自分のブログへコメントをいただいて
それに対する返信を書くときこそ、自分の中にいろんな思いがわいてきて、そして結果
自分が成長できるということを実感しました。

特に大事なこと、いえそうでもなくても、人とコミュニケーションを取るとき、
何か言わなくちゃと考えた結果、自分の意図している物と違う形で表現してしまったり余計な一言になってしまったり、回りくどかったり、寄り道したり、全然違くなって
しまったり、単純に長かったり(汗)して、結果、相手を傷つけたり、消耗させる事も
あり、いや、たくさんあり、コミュニケーションは怖いという思いもあります。

きっとこれからも、相手を傷つけ、困惑させ、消耗させてしまうと思います。
それでも、僕は自分が成長したいから、相手と話したいから、相手のことが好きだから。
エゴ丸出しですが、これからもコミュニケーションを取り続けたいと思います。