空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙のように綴った写真の記録。

豊かな時間の流れに身を委ねて。


撮影:2022年5月。カフェとホイスコーレteltis。

ここのところ仕事やPTA、御柱の準備に暮らしのいろいろな春の仕事と、
充実した日々を送っていて心は満足しているものの体は年齢に正直でだいぶ疲れが
たまってきていたので、またもや半休をとってお気に入りの
「カフェとホイスコーレteltis」に行ってきました。

美味しいコーヒーを飲んで、ゆったりした素敵な音楽に耳を傾けて、
店員さんとゆったりお話をして、気の向くままに写真を撮らせてもらって、
そうやって日々のやらなきゃいけないことをいったん忘れてゆったり過ごしていると、
自分の体の中を流れる時間がリセットされて、この場所のゆったりした時間に
そろっていくのを感じます。

今日は裁縫教室に来ているお客さんに話しかけたら、その方が写真教室に
通ったこともある人で、カメラ談義、写真談義に花が咲いたり。
いつにも増して楽しい時間を過ごしていました。
自分の地元に自分と波長が合う、自分が何も気を使わずリラックスして楽しめる、
素敵なお店ができて本当によかったと今日も強く強く思うのでした。