空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

知らない人に声をかけて写真を撮らせてもらったらすごく幸せな気持ちになりました。

f:id:Aozora100:20220318203840j:plain

f:id:Aozora100:20220318203908j:plain

f:id:Aozora100:20220318203923j:plain

f:id:Aozora100:20220318203955j:plain

f:id:Aozora100:20220318204024j:plain

f:id:Aozora100:20220318204115j:plain

f:id:Aozora100:20220318204122j:plain

撮影:2022年1月。諏訪湖。

最後の写真が撮らせてもらった写真です。
冬の頃で早い時間から黄昏時って感じの景色になってきて、散歩しながら
シルエット写真を楽しんでいました。
そしたらスマホで諏訪湖と多分富士山を撮影している女性の方がいて、
そのシルエットの感じがとてもよかったので、声をかけて撮らせていただきました。

どう?うまく撮れた?セクシーに撮れた?
なにー、シルエットじゃん!!全然誰だか分かんないじゃないー!!(笑)
すごくノリのいい方で、撮った後に写真を見せてと言われて写真を見ながら
笑ってこんな会話をして、そのときに、ああ、写真を撮らせてもらってよかった
なぁと。
僕はすごく幸せな気持ちになりました。

前は知らない人に声をかけて写真を撮らせてもらうっていうことがものすごい
勇気と覚悟を奮い起こしてって感じだったんですが、それが気づけば今は
簡単な感じでできるようになってきました。
(できる、っていうのは声をかけられるようになった、という意味で、
 写真を断られることももちろんあるんですが、前は断られたらショック、みたいな
 気持ちがあったんですが、今はそもそも断られて当然、って感じで全然気にしなく
 なりました)

こういうことがあると、出会いっていいなぁ、人生っていいなぁ、なんて少し
大げさなことを思ったりします。
目の前のこういうささやかな奇跡のような幸せを大切にしたいと強く強く思います。