空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

8月の諏訪湖。

※撮影:2022年8月。諏訪湖

以前は、X20を使ってた頃は夏の諏訪湖の写真をほとんど撮っていませんでした。
鶏が先か卵が先か、撮ってもイマイチな写真だから興味がなかったのか、興味がないから
イマイチな写真になるのか、因果はわかりませんが、諏訪湖の写真は春や秋や冬、
圧倒的に夏以外に撮っていて、夏の諏訪湖を撮りたいと思うこともほとんどなかったです。

それが、X100を使うようになって、多分ちょこっと撮ったのが自分が思ってたよりは
いい写真だったんだと思いますが、少しずつ少しずつ夏の諏訪湖の写真を撮るように
なって、撮りたいと思うことも増えてきて、今年のX100を持ってから3年目の夏、今年の
夏は完全に自覚的に夏の諏訪湖をたくさん撮りました。
そして以前より、自分でもいいな、と思える写真が撮れたなぁと。

ほぼ毎日のように訪れて毎日目にしている諏訪湖。
昔はそこにあるのが当たり前でそれ以上でもそれ以下でもなかった諏訪湖。
一度この地を離れて戻ってきて、そしていつの間にか大好きになっていた諏訪湖。
そんな諏訪湖を、四季を通して自分で満足する写真が撮れるようになってきたことも
うれしいですが、それ以上に、自分が好きな存在を、四季を通して撮りたいと
思えるようになったことが、とてもうれしいなぁと思います。