空色のパノラマ

空色のパノラマ

日々感じたことを写真(x20)と言葉で。https://www.facebook.com/profile.php?id=100002288124859

サンタさんが新しいカメラをプレゼントしてくれました。

f:id:Aozora100:20200116212243j:plain

f:id:Aozora100:20200116212252j:plain

f:id:Aozora100:20200116212311j:plain

f:id:Aozora100:20200116212410j:plain

f:id:Aozora100:20200116212606j:plain

f:id:Aozora100:20200116212452j:plain

f:id:Aozora100:20200116212518j:plain

 息子(小学校2年生)の話です。

 

sorairopanorama.hatenablog.com

 

以前にこんな文章を書きました。

妻がミラーレスを買ったときに、それまで使っていた古いコンデジを息子に
あげたんですが、息子はこれをとても気に入って、すごく楽しそうにたくさん
写真を撮っていました。
性能云々、なんてことは全く気にせず、写真を撮る喜びにあふれるその様子を
見ていると、なんだかすごくあったかい気持ちになりました。
そんなデジカメもさすがに動作が怪しくなってきたため、息子から去年の
クリスマスにサンタさんにデジカメをお願いしたい、という申し出がありました。
古いとか性能とか関係なしに、ただただ楽しく喜びの中で写真を撮っている中で、
部屋の中が撮れたらいいなぁ、夕日が撮れたらいいなぁ、と(文句じゃなく)
新幹線が撮れたらいいなぁ、とつぶやいていたこともあったのを思い出して、
まぁ今どきのコンデジなら大概どれでも大丈夫だろう、とカメラの選定を行いました。

・・・なんか選んでいたら、ここまで大切に使ってくれる人にはきちんとした
道具を使ってもらいたいな、という気持ちが沸き上がってきて、
いつでも持ち歩ける大きさでいろんなシチュエーションで撮影できる、そしてきれい。
ていう観点で、癖のないものを選んだ結果、ソニーのRX100(初代)となりました。
小学生が使うには贅沢なカメラだと思うけど、でも、贅沢させたい、とか、
高いものを選んだわけではなく、彼なら本質的に大切に、楽しく、今後も長く使って
くれそうだから、それならいいカメラがいいな、と思って決めました。

ということで、値段は見せずに息子に提案し、息子からサンタさんにお願いし、
そして(多分サンタさんも高いなーと思いながら)プレゼントしてくれました。

自分でカメラポーチを買って、父と同じくどこへ行くにもカメラを提げて、
自分が好きなものをたくさん撮って、いいものが撮れたらうれしそうに
見せてくる。その様子だけで、きっとサンタさんも、高かったけどそれだけの
価値があったな、と喜んでいると思います(^^)

親としては、どんなことでもなんでもいい。自分でやりたいことを見つけて
それを楽しく続けてくれたらいい。そんな気持ちです。
今のところは父と同じ趣味を楽しんでくれて、お互いに写真を見せ合いっこ
したりするのがすごくうれしかったりします。
(妻がキャノンのEOS M6、息子がソニーのRX100、僕がFUJIのX20・・・
 なんかバイクレースに一人自転車で参加している気分だけど頑張るぞ!!(笑))


今回の写真は、そんな息子の写真の中から。
技術的なこととか構図やらなんやらは全く教えてなくて。
ただ、好きなものを大切に撮ろう。
撮ったら後でかなず見返していい写真を選ぼう。
それだけを伝えました。

・・・普通に僕よりいい写真なんだよなぁ(笑)