空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

自分にとってとても大切な音楽について文章を書いてみたけどやっぱ難しい、という話。

f:id:Aozora100:20220307211817j:plain

f:id:Aozora100:20220307211827j:plain

f:id:Aozora100:20220307212005j:plain

f:id:Aozora100:20220307212030j:plain

f:id:Aozora100:20220307212130j:plain

f:id:Aozora100:20220307212215j:plainf:id:Aozora100:20220307212204j:plain

撮影:2022年1月。諏訪湖。

最近割と写真と関係のある文章を書いていた気がしますが、久しぶりに写真とは
全く関係ない文章を。
(こんだけ諏訪湖の写真ばっかりだとさすがにそれについて書くことも特に
 なくなるので(笑))

音楽の話です。
僕は音楽は気に入ったものはCDで手に入れたい派なんですが、とはいえ、何か
聴かないと新しい今の音楽に出会えないので、Spotifyを聴いてます。
(東京にいた頃はラジオがいい感じだったんですけどね〜)
ここでかかって気に入ったものをCDで購入、ってパターンなんですが、最近は
CD買いたい!!ってところまでなかなかいく曲がなくて、あーいよいよ僕も
歳をとって新しい音楽が聴けなくなってきたかぁ、とちょっとしょんぼりしてたん
ですが、久々にこれ!!っていう曲に出会いました。

ROTH BART BARONという日本のバンドの「霓と虹」という曲です。

霓と虹 - YouTube


僕は音楽が大好きで、自分の好きなものはいろいろあるんですが、いわゆる
趣味的なものでいえば、カメラ、読書、音楽、と並びますが、なんていうか、
一番パッと見は受動的で、でも実は精神的には一番能動的なのが音楽なんじゃない
かな、と。
楽器を弾くとかそういうことじゃなくて、本当にただ音楽鑑賞してる
だけなんですが、自分の好きな曲を聴いてるときは本当にのめり込んでいて、
曲と一体になるというか、音の一つ一つに体が溶け込んでいるというか、
リズムとグルーヴに乗って漂っているというか。

この曲もすごくかっこよくて、めちゃくちゃ感動するんですけど、感動するって
言っても、歌詞を文章で読んで感動するとかじゃなくて、この言葉がこの音に
乗っかっているその状態がすごくよくて、そして究極的にリズムと音色と響き
そのものに感動します。
歌と伴奏、じゃなくて、演奏も歌もリズムも何もかもが同列に同時に存在していて。

・・・音楽が好きすぎて全然言語化できないんですよね。
   もし僕に文才があったら、この自分の大好きな、大切な大切な音楽を
   たくさんレビューして人に勧めたいんですが、さっぱり書けません。
   ということで、みなさん是非聴いてみてください、としか言えません(・・;)
   でもほんといい曲なんですよ〜