空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇む、ささやかでやさしく美しい光。まるで奇跡のような光を、さりげなく綴る手紙のようにいつか撮れたら。

諏訪湖のある街。

f:id:Aozora100:20210427204814j:plain

f:id:Aozora100:20210427204942j:plain

f:id:Aozora100:20210427204957j:plain

f:id:Aozora100:20210427205036j:plain

f:id:Aozora100:20210427205050j:plain

f:id:Aozora100:20210427205131j:plain

f:id:Aozora100:20210427205138j:plain

f:id:Aozora100:20210427205205j:plain

f:id:Aozora100:20210427205229j:plain

f:id:Aozora100:20210427205247j:plain

※撮影:2020年11月 〜 12月。諏訪湖。


諏訪湖。何の変哲もなく諏訪湖です。
今でこそこんなにたくさん諏訪湖を撮っていますが、それってここ数年のことで、
それまでは実は全然興味ありませんでした、諏訪湖。

子供の頃から諏訪湖のほとりに住んでいましたが、僕の子供の頃は護岸はがちがちに
コンクリで固めた防波堤で、その頃は日本で確かワースト1くらいに汚い湖だったと
思います。
親世代は、昔は諏訪湖で泳げただの、冬はスケートしていただの、すごく昔は
良かった的な話をします。

そんな感じで、身近にはあったのですが、ただそこにある(汚い)湖、という認識以上
はありませんでした。

大学卒業と同時に田舎から逃げるように上京して10年、結婚した妻の体調のことがあり
空気のきれいな地方に住むことを余儀なくされ、生まれた街に戻ってきました。
しかし、町中にある自分の実家ではなく、もっと山間の集落に住み、また、その頃は
日本の木で家を建てる工務店に務めていて、なんとなくお客さんも各地域の自然豊かな
場所に家を建てる人が多かったため、自分の実家の周りは町場過ぎて好きではなかった
です。

その後、自分も家を建てることになり、土地を買って家を建てるという選択肢は金額的
に無理だったため、実家の土地に建てました。
正直その頃は、もっとお金があればな~自然の中に家を建てたのにな~と感じていて。

そして・・・

毎朝、息子とのランニングや散歩などで諏訪湖に通い、写真を撮ってるうちに、
自分でもかっこいい写真が撮れたりすると、諏訪湖、なんかいいね、という気持ちが
湧いて気ました。
護岸も当時に比べると自然の状態に変わっていたし、水質もあの頃に比べると
少しずつではありますがきれいになってきていて。
何より、朝早く、とか、夕方、とか、諏訪湖が光り輝く瞬間を毎日のように
見るようになって、諏訪湖の美しさに気付き、目覚め、そして、諏訪湖がそこにある、
っていうことをすごく幸せに感じるようになってきました。

今。

自分の住むこの町は、過疎化して、でもその割に畑や田んぼをつぶして家が建ち並び、
お店は閉店し、一見で分かる美しさもなく。
でも、そこに住んで、毎日を過ごしていると気づく美しさがあります。

自分自身、家を建てるために庭の木をたくさん切り、田んぼを結果としては
つぶしてしまった。
町の市道で庭を流れるせせらぎもコンクリートで固めてしまった。
でも、今でもそのせせらぎにサワガニが生きていたことを発見して、自然の逞しさ、
命のありがたさを感じて、取り返しがつかないことをしてしまったとどこかで感じて
いる罪悪感が少し薄れました。
まだ可能性がある。
だから庭に木を植えています。
水場も少しずつ整備しています。

いつか、うちの敷地に自然を取り戻し、生き物が返ってきて、そしてそれを見た近所の
人がいいなと思ってくれてその人も自分の庭に木を植えたり、そうしてくことで街に
自然がもどったらいいな、そんな夢を密かに抱いています。
いつかまた町中のどこかで田んぼをやろう、とか。

そんな愛憎入り混じった気持ちをすべてひっくるめて、今はこの街が好きです。
諏訪湖は自分が自分の住む街を好きになるきっかけだったな、と改めてしみじみ感じした。