空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇む、ささやかで、見落とされがちな奇跡たちを、手紙を綴るように写真に残せたら。

同じことの繰り返しが、きっと新たな創造につながっている。

f:id:Aozora100:20210923201934j:plain

f:id:Aozora100:20210923201957j:plain

f:id:Aozora100:20210923202022j:plain

f:id:Aozora100:20210923202105j:plain

f:id:Aozora100:20210923202133j:plain

f:id:Aozora100:20210923202139j:plain

f:id:Aozora100:20210923202230j:plain

f:id:Aozora100:20210923202237j:plain

f:id:Aozora100:20210923202346j:plain

f:id:Aozora100:20210923202351j:plain

f:id:Aozora100:20210923202411j:plain

f:id:Aozora100:20210923202433j:plain

※撮影:2021年6月。通勤途中、近所。 

先日、なんとなくテレビをつけたら、回転ずしの商品に対して一流すし職人が食べて
評価を下す、というバラエティ番組がやっていて、なんとなく見ている内にぐいぐい
ひきこまれていきまして・・・

10種類のネタを試食して、開発担当に寿司職人たちから質問したのちに合格不合格の
判定をしていく、というシステムなんですが、職人からの質問や評価が鋭くて、
見ていてめちゃめちゃ緊張感がありました。
そして、ほんと、寿司というのはいろんなこと(調理、下ごしらえ、アイデア)を
しているなぁとびっくり。
価格は高めですがそれでも回転ずし。チェーン店でより多くのお客さんに同じ価値を
提供する、というものだと思うんですが、そんな中に、いろんな手間が盛り込まれていて、
ほんといろんなアイデアがあるなぁ、よく思いつくよなぁ、全然自分にはそんな発想
ないわ~、と。

以前から料理全般についてそんな風に思っていたんですが、このときに気付いたんです。
多分これって、頭で考えたにしても、それだけじゃなくて、毎日毎日、試行錯誤や調理を
くりかえしているからこそ、その経験や体で感じるものがあるからこそ、生み出されて
いるもので、あるときひらめくにしても、日々の積み重ねというものがそこに導いたのか!
ということに思い至ったわけです。

だからもう、センス、才能、その他もろもろで天と地ほどの差というのもおこがましい
くらい自分とは違うんですが、でも、それ以上に何より違うのは、その開発の方や
調理している人たちは、毎日現場で積み重ねている人たちなんだ、ということでした。

開発の方がすごくいい人で、ものすごい努力を重ねているのはもう明らかなんですが、
その受け答えや仲間への言葉を見ていると、すごく優しく、丁寧で、そして職人からの
評価にもあったんですが、本当に寿司が好きで寿司を楽しんでいるな、ということが
伝わってきました。

勝手な想像ですが、新商品の開発っていうのも、飛躍的な何かを生み出すぞ!!
とあるときバーン!!じゃなくて、日々の繰り返しの中で感じたこと、少しずつ試した
こと、微調整したことが結果、新しい何かにつながっている。
毎日を繰り返し、そしてなによりその毎日を楽しんでいるってことがもう何より
すごい!!と尊敬のまなざしでした。



・・・ん?よく考えたら自分も毎日毎日、同じような写真を繰り返し繰り返し、
飽きもせず、中断もせず、楽しんで撮っている。
そして、撮ったものを見返したり、他の人の写真を見たときに感じたものを自分の中で
フィードバックして、少しずつ、ほんのちょっとだけど、新しいこと、変化、チャレンジを
試している。
おお、それって自分もすごいんじゃん!!

と、これまたいつもの如く自分大好き人間の僕は自画自賛に思考が行きついた訳です(笑)

まぁ、結果として大きなことを成し遂げてもいないし、客観的にすごいものを生み出しても
いないんですが、そんな意識すらなく毎日行っているトライアンドエラー、
ただただ単純に毎日を、写真を楽しんでいる。

そしてその結果、昨日の自分には撮れなかった写真を今日の自分が撮れている。
ああ、それだけでも十分すごいじゃん、とうれしくなったのです。
やっぱこうやって自分を褒めていくことが大切だな~と感じたのでした(笑)