空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

喉元過ぎれば・・・

f:id:Aozora100:20210425195906j:plain

f:id:Aozora100:20210425195909j:plain

f:id:Aozora100:20210425200024j:plain

f:id:Aozora100:20210425200029j:plain

f:id:Aozora100:20210425200107j:plain

f:id:Aozora100:20210425200121j:plain

f:id:Aozora100:20210425200149j:plain

f:id:Aozora100:20210425200218j:plain

f:id:Aozora100:20210425200255j:plain

f:id:Aozora100:20210425200315j:plain

f:id:Aozora100:20210425200358j:plain

f:id:Aozora100:20210425200404j:plain

※撮影:2020年11月。諏訪湖、近所、チロルの森。

 

先日コメントもいただきましたが、我ながら写真を楽しんでいる、楽しんでいる
写真だなぁと思いました。

考えてみると、X100Fを使い出したときは、それまで使っていたX20からの変化に
戸惑い、やれ写りすぎるだの画角が広すぎるだのあーだこーだと言いながら苦労して
始まりました。

それがまぁ、気づけばX100で撮るのが楽しくて楽しくて、もしかするとX20のとき
以上のペースで毎日写真を撮っているような気がします。

継続は力なり、みたいなことだと思いますが、それよりも、もう苦労していたときの
記憶が、もちろんなくはないんですが、そのころの感情とかそういうのはすっかり
風化して忘れていて、なんかもう、X100も最初から楽しかったような、そんな楽しい
記憶しか残ってないんですよね。

喉元過ぎれば、って言葉はいい意味でも悪い意味でも使われますが、自分の場合、
いいことばっかりを記憶するようで、そういう単純な性格でよかったなぁと思います。