空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇む、ささやかで、見落とされがちな奇跡たちを、手紙を綴るように写真に残せたら。

パラリンピック、めちゃくちゃ感動と衝撃を受けています。

f:id:Aozora100:20210821204907j:plainf:id:Aozora100:20210821204700j:plain

f:id:Aozora100:20210821204726j:plain

f:id:Aozora100:20210821204738j:plain

f:id:Aozora100:20210821204859j:plain

f:id:Aozora100:20210821204912j:plain

f:id:Aozora100:20210821205000j:plain

f:id:Aozora100:20210821205044j:plain

f:id:Aozora100:20210821205120j:plain

f:id:Aozora100:20210821205126j:plain

 ※撮影:2021年5月。通勤途中、諏訪湖、自宅。 

とても恥ずかしいことを白状します。
そういう風に見ることがすごく失礼、あるいは上から目線と分かっているんですが、
つい無意識で、障害のある方を見るときに、かわいそう、とか、
障害があるのに頑張っている、みたいな気持ちが心の中にないか、
と言われるとどっかにやっぱあったような気がします。

しかし、パラリンピックの開会式を見てそんな意識はぶっとびました。
演出もすごくよく、ストーリーも分かりやすくまとまっていて、
光もきれいだし、主役の女の子もすごいよくて、最高だったんですが、
(デコトラ!若冲!!おお、日本の伝統のこういう見せ方あったか!!!
 っていうのもすごいよかったですが)
一番いいなぁと思ったのが、パフォーマーや演奏者、ダンサーの
障害者の方です。

全盲のギタリストや、片足がなかったり下半身が不自由なダンサーが、
特にめちゃくちゃかっこよかった。
目が見えないのにかっこいい、足がないのにかっこいい、じゃなくて、
目が見えないから(あの弾き方になっている)それが無茶苦茶かっこいい、
足がないからあの表現ができる、だからかっこいい、という、
それは自分にないもの、憧れ、すごい、っていうもう素直に見上げる
気持ちでワクワクして興奮して、自分の意識が変わったのを感じました。

翌日、車いすラグビーを見ました。
これも、足の悪い人が補助で車いすを使ってラグビーをしている、
じゃなくて、車いすっていう武器を使って激しく戦うスポーツ!!
すげー!!!!
っていう、そのスピードとぶつかり合いの激しさと正確さに、
ただただ興奮していました!!

もしかしたら不謹慎な言葉になってしまうかもしれませんが、素直な言葉を書きます。
ここで感じたことは・・・障害を持っている人の普段の苦労とかそういうのはきっと
たくさん、僕には想像できないことがたくさんあると思うんですが、それでも、
今僕に見えているのは、とびきりの個性、強み、輝きを持っている人たちが、
自分にできないことを見極め、そしてできることを最大限まで、極限まで鍛え上げて
それを披露している姿でした。
考えてみたら、テレビに出ない障害を持っている人が毎日の中でやってることも
そうだし、いわゆる障害を持ってない僕たちだってやっていることは同じ。
そうか、みんな変わらず、自分にできることを頑張って、楽しんで、そしてその中で
飛びぬけた選ばれた人たちがオリンピック、パラリンピックの場に立っているっていう
ごくごく普通の感想を強く強く持ちました。

今、僕の中にはもはや哀れみなんてものは少しもなく、憧れとかっこいい!!っていう
思いのみがあります。