空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙のように綴った写真の記録。

諏訪湖って広かったんだなぁ。

f:id:Aozora100:20211211213907j:plain

f:id:Aozora100:20211211213929j:plain

f:id:Aozora100:20211211214048j:plainf:id:Aozora100:20211211214032j:plain

f:id:Aozora100:20211211214049j:plain

f:id:Aozora100:20211211214125j:plain

f:id:Aozora100:20211211214217j:plain

f:id:Aozora100:20211211214248j:plain

f:id:Aozora100:20211211214603j:plainf:id:Aozora100:20211211214315j:plain

f:id:Aozora100:20211211214548j:plain

撮影:2021年11月。諏訪湖。

冬になってくると、光の感じが変わるのか、あるいは自分の散歩時間帯が
日の出時間との関係でいいタイミングになるのか、諏訪湖がすごくきれいに感じて
自然とたくさん写真を撮るようになります。
ということで、今回はたまたま諏訪湖写真ばっかりなんですが。

以前にブログにも書きましたが、観光に来た若者たちの名言、

が本当にいいなぁと思ったんですが、先日、自分もふと諏訪湖を見たときに、
諏訪湖って大きいなぁ、広いなぁって感じました。

大体普段は、すぐ周りが山に囲まれてる景色で、諏訪湖も、そしてこの諏訪の地も、
なんか閉じてるなって感じるんですが、このときは逆に諏訪湖も諏訪の地も、そして
空もすごく開いているって感じました。

自分の住んでいる場所、自分の持っている物、自分の普段の生活。
そういうものをふと、昔では感じられなかった好ましさを感じられるとき、
すごくうれしい気持ちになれました。