空色のパノラマ

空色のパノラマ

日々感じたことを写真(x20)と言葉で。https://www.facebook.com/profile.php?id=100002288124859

カテドラル

f:id:Aozora100:20190525132327j:plain

f:id:Aozora100:20190525132335j:plain

f:id:Aozora100:20190525132710j:plain

f:id:Aozora100:20190525154914j:plain
f:id:Aozora100:20190525132355j:plainf:id:Aozora100:20190525132407j:plain

f:id:Aozora100:20190525132737j:plain

今からすごくバカなことを書きます。
(えーっと、大概バカなことを書いてますが本人はいたって真面目なので)
家の裏に畑道具などを置いてる小屋があるんですが、そこの鋤簾や鍬に
差し込む光を見上げた時に、

あ、カテドラル・・・

なんて思った訳です。ほんとは誤訳ですが、大聖堂だと思ってください。
薄暗い中に差し込む光がとても神聖に感じられて、行ったこともない
外国の聖堂を連想し、なにか、説明のつかない気持ちになっていました。
はっとするような、胸を打たれるような。

そのあとの写真にあるようなただの物置なんですが。
ほんとはこんな文章を一切書かずに見る人に同じ感動を伝えられる
写真を撮れたら素晴らしいですが、そんなことはとてもじゃないですが
僕には無理なので説明を添えて、なんなら同じことを思ってもらおうという
魂胆も添えております(笑)

表に回れば娘が拾ってきたガラクタでUFO基地をつくっていました。
ああ、素敵な日々。

自分で言い出してそれを続けて成果を出している子供達

f:id:Aozora100:20190521214559j:plain

f:id:Aozora100:20190521214608j:plain

まぁたまに書くいつもの親バカ日記なんですが。
うちの子供たちは両親に似て運動音痴(でも本人はそう思っていないところが
いいところ)
縄跳びがうまくいかないので毎朝練習する、と上の子(兄、当時小学1年)が
言い出し、2年に上がる頃にはだいぶ跳べるようになり、それにつられたのか
全く跳べない下の子(妹、今年中)も一緒に練習してこれまたそれなりに
跳べるようになってきた。

兄は毎朝ランニングと縄跳び、学校から帰ったらエレクトーン。
妹は毎朝ラジオ体操と縄跳び、学校から帰ったらエレクトーン。
どれも本人たちがやりたいと言い出して始めたもので、それをずっと続けていて
確実に成長してきているのが普通に人としてすごいな、と努力が苦手な父は
思うのです。

今日も夕飯を食べながら、「音楽やりたい〜バンドやりたい〜だからふたり(=子供達)、頑張って楽器を覚えてくれ。父ちゃん歌うから」という発言をし、少しは
自分で努力しろ、と子供達に諭されていた私でした。

好きな音楽を聴きながら自分のカメラを眺めながら写真を投稿する。一言でいえば至福の時間。

f:id:Aozora100:20190516213418j:plain

f:id:Aozora100:20190516213438j:plain

f:id:Aozora100:20190516213458j:plain

f:id:Aozora100:20190516213508j:plain

f:id:Aozora100:20190516213528j:plain

f:id:Aozora100:20190516213544j:plain

あいかわらずとりとめなく雑多な写真です。

僕は、自分で言うのもなんですが時間の詰まった生活をしていて
(まぁ自分で言うやつに限って大したことはないんですが)
朝は5時前に起きて筋トレ、ペットの世話をしたら起きてきた息子と走りに行き、
戻ってきたら朝食をとって会社に行く。
帰ってきたら家族は風呂に入っているのでその間に夕飯をとり、
子供達の風呂上がりの世話をしたら洗い物をして・・・

ここから風呂に入るまでが自分の時間。家族は寝にいっているので
イヤホンで音楽を聴きつつ、撮ってきた写真を選んだり文章考えたり
他の人のブログを読んだり・・・正味一時間くらいの時間ですがゆったり生活の
リズムが変わるいい時間です。

でも、仕事が忙しいと帰りが遅くなるし、何よりも僕は7時間寝ないとダメなので
なかなかこの夜の1時間が確保できないんですよね。
だから写真をきちんとセレクトする(テーマにそったり見やすく選んで並べる)、
とか、現像や画像編集する、というのは完全に諦めているんですが、
他の方のブログを読んでいると、きちんと写真が選ばれているなぁ、とか
現像してたりしてきっと睡眠時間削ったりしてるんだろうなぁ〜と。
でも寝ないと使い物にならないので。
(それでも多少は寝るの遅れるんですが。
 夜の自分は、大丈夫大丈夫、睡眠より心の充実が大事だよ。
 心が健やかなら明日起きれるよ。
 で、朝の自分、ふざけんな、ちゃんと早く寝ろよ!ねみーんだよ!!
 と、毎日心の中で朝と夜のせめぎ合いが続いております)

といいつつ、今日も眠くなったのでここでギブアップです。
文章もとりとめなくてすみません(;´Д`)

以前にアクセスを気にしていたときに気づいた話

f:id:Aozora100:20190506211413j:plain

f:id:Aozora100:20190506211440j:plain

f:id:Aozora100:20190506211455j:plain

f:id:Aozora100:20190506211500j:plain

f:id:Aozora100:20190506211506j:plain

f:id:Aozora100:20190506211530j:plain

f:id:Aozora100:20190506211539j:plain
f:id:Aozora100:20190502154626j:plain

おかげさまでこのブログを読者登録していただいたり、記事を読んでいただいたり、
コメントをいただいたり、自分が書いたものに反応があるのはうれしいなぁと
日々感じています。

以前に、読者を増やしたい、アクセスを増やしたいと思ったことがありました。
まぁそのこと自体は別に悪いことではないし、それを励みに自己研鑽を積み、
魅力的な内容を発信している多くの方についてはとても素晴らしいことだと
思っています。

ただ、自分はもともと以前は承認欲求の塊だったような人間なので、
そっちに気を取られすぎてしまいました。
人気をあげようと思ったら写真の質を上げるか記事の質を上げるか、
ブログの質を上げるしか方法はないはずなんですが、
どちらもすぐにはできるものではありません。
何か人に役に立ちそうなこと、人が読んでくれそうなこと、を考えて文章を書いたり
いいなぁと思った人の写真を真似して撮ったり、
毎日更新してみたり・・・
そんなことばかり気にしてたらなんだか疲れてしまいました。

自分で撮った写真をUPして文章を書くことが、発信すること自体が楽しくて
ブログをはじめて、読者やアクセスが増えてきたら(もちろんそんな人気があるとかの
レベルではないですが)、もっと増やしたいと思ったり、増えた人たちに飽きられない
ように、とか、自分が見えてない人の満足を考えて、いつの間にか何か義務のように
なってきたりして・・・楽しくないなぁと。

そういえば、自分のブログは長い間ただ一人の方だけが読んでくれて
スターをつけ続けてくださっていました。
今はスターも外していますが、当時はそれがとてもありがたいなぁ、うれしいなぁと
思っていました。

今もう一度ブログのことを考えた時。
自分が撮りたい写真を撮ろう。自分がUPしたい写真をUPしよう。
それは技術的に稚拙かもしれないし、毎回同じようなワンパターンかもしれないし、
人目をひかないかもしれないけど。
自分が書きたい文章を書こう。感動的でもないだろうし写真の技術的には全く
役にも立たないし、とりとめがないけれど。
自分を基準にしよう。人とは比べない。人を真似しない。
そのかわり、自分基準では一生懸命遊ぼう。一生懸命楽しもう。
惰性でやることはしない。自分の中では研鑽をし向上しよう。
その方が楽しいから。

そして、そんなわがままなものを読んでくれる方が一人でもいたら
その人に、そのことにここから感謝をしよう。
そんなことを思って今もブログを楽しんでいます。

シルエット

f:id:Aozora100:20190502145058j:plain

f:id:Aozora100:20190502145106j:plain

f:id:Aozora100:20190502145129j:plain

f:id:Aozora100:20190502145146j:plain

f:id:Aozora100:20190502145154j:plain

f:id:Aozora100:20190502145204j:plain

f:id:Aozora100:20190502145248j:plain

f:id:Aozora100:20190502145333j:plain

f:id:Aozora100:20190502145343j:plain

f:id:Aozora100:20190502145350j:plain

f:id:Aozora100:20190502145400j:plain

あきれるほどにシルエットが好きです。
それは空と光が好きということでもあるんだけど、かといって空と光が主役で
シルエットが引き立て役の背景で、ということもなくて、どちらが欠けても
イマイチで。
手前に形がくることで空の色が引き立ち、形のみに集約されることで風景を切り取った
ようなリズムが生まれて。
なんて、そんな理屈を考える前に、逆光やシルエットに出会えばそのかっこよさに
頭がしびれて、もう写真を撮らずにはいられない、そんな感じになります。

音楽と一緒で、こんな風にいろいろ自己分析してみるけどなんだかどうもうまく
言葉にならないというか、どうにも痒いところに手が届かない感じでイマイチ
うまく説明できないこのもどかしさ。

そんなわけで、この文章もちっとも伝えきれず、訴える力にも乏しく、人に響く言葉も
かっこいい表現もまったく出てこないので、写真のかっこよさにしびれてください!
なんちゃって(笑)