空色のパノラマ

空色のパノラマ

日々感じたことを写真(x20)と言葉で。https://www.facebook.com/profile.php?id=100002288124859

シルエット

f:id:Aozora100:20190502145058j:plain

f:id:Aozora100:20190502145106j:plain

f:id:Aozora100:20190502145129j:plain

f:id:Aozora100:20190502145146j:plain

f:id:Aozora100:20190502145154j:plain

f:id:Aozora100:20190502145204j:plain

f:id:Aozora100:20190502145248j:plain

f:id:Aozora100:20190502145333j:plain

f:id:Aozora100:20190502145343j:plain

f:id:Aozora100:20190502145350j:plain

f:id:Aozora100:20190502145400j:plain

あきれるほどにシルエットが好きです。
それは空と光が好きということでもあるんだけど、かといって空と光が主役で
シルエットが引き立て役の背景で、ということもなくて、どちらが欠けても
イマイチで。
手前に形がくることで空の色が引き立ち、形のみに集約されることで風景を切り取った
ようなリズムが生まれて。
なんて、そんな理屈を考える前に、逆光やシルエットに出会えばそのかっこよさに
頭がしびれて、もう写真を撮らずにはいられない、そんな感じになります。

音楽と一緒で、こんな風にいろいろ自己分析してみるけどなんだかどうもうまく
言葉にならないというか、どうにも痒いところに手が届かない感じでイマイチ
うまく説明できないこのもどかしさ。

そんなわけで、この文章もちっとも伝えきれず、訴える力にも乏しく、人に響く言葉も
かっこいい表現もまったく出てこないので、写真のかっこよさにしびれてください!
なんちゃって(笑)