空色のパノラマ

空色のパノラマ

日々感じたことを写真(x20)と言葉で。https://www.facebook.com/profile.php?id=100002288124859

それから。

f:id:Aozora100:20200625043020j:plain

f:id:Aozora100:20200625043035j:plain

f:id:Aozora100:20200625043048j:plain

f:id:Aozora100:20200625043103j:plain

f:id:Aozora100:20200625043125j:plain

f:id:Aozora100:20200625043144j:plain

f:id:Aozora100:20200625043155j:plain

f:id:Aozora100:20200625043213j:plain

f:id:Aozora100:20200625043229j:plain

f:id:Aozora100:20200625043245j:plain

f:id:Aozora100:20200625043259j:plain

※撮影:2020年4月。自宅、近所。

 

思いっきり冬の写真です。
まだまだストックがあります。
かまくらは昨シーズンの冬で唯一降った大雪の日に作成。
もう4月に入っていて暖かかったので、あっという言う間に溶けてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて。ここ数日で起きたことのそれから、です。


はなさん。

おかげさまでその後の経過は順調です。食事量も戻ってきて、
運動量もだいぶ回復、まだ疲れやすさがありますが、それでも以前
ほぼかわらない日常が戻りました。
それに比例して、(家族の中で)僕に対してだけわがままを言うところも
戻ってきました(笑)
(家族の中で僕が一番下、多分はなさんより下に見られてます(笑)
 食事の順番は大切だなぁ〜!)


カメラ。

X20が故障して、結局すぐに修理の依頼をして・・・ということまでは
ブログに書きました。
あのブログの翌日に返信のはがきが届いていました。
修理は可能。やったー!!見積金額は・・・げ!?

だいぶ想定を超えてきました。さんざんここでX20愛的なことを書きましたが、
それを吹っ飛ばして躊躇させるくらいの金額だったので、うーん、どうしようー、
と。愛情だけで乗り越えるにはちときつい金額でした。

とそんなときに、はなさんの緊急入院、手術があり、その後の経緯
先日ブログに書いた通りです。
はなさんのことでカメラについては頭から吹っ飛んでいました、その日の夜、
布団の中で、もしはなさんが帰ってこなかったら、帰ってこないかも、
厳しいかもしれない・・・
そんなことを悶々と考えていました。

そのときに、カメラのことを思い出しました。
カメラが壊れてからずっと、もちろん写真を撮っていなくて、子供たちと
外を歩いているときとかすごいきれいな朝焼けや夕焼けに出会うと、父ちゃんが
カメラ持たないといい景色に出会うね~なんてからかわれたりしてたんですが。

その布団の中で、あ、そういえばカメラの修理の連絡あったな、と思い出しました。
はなさんの命、カメラの命。そのときは心は静かでしたが冷静ではなかったのかな、
何か両者をシンクロして考えていました。

もしはなさんが帰ってこなければもうカメラを修理することもないな。
別のカメラを手に入れることもないな。
もう写真も撮らないだろうな。
撮りたくないな。

おかげさまで、はなさんが無事に帰ってきてそして順調に回復している中で、
改めて、カメラのことを考えました。
いろいろ考えました。
考えたことをうまく書けないんですが、結論から言うと、X20の修理は
あきらめて、他のカメラを買うことにしました。

あんだけ言ってたのに結局新しいカメラが欲しいのか?そうかもしれません。
修理費用が高くて躊躇するくらいの愛着なのか?そうかもしれません。

ただ、これらが理由のすべてかというとそうでもなく、なんというか、
そっとしてあげようかな、と思ったことも事実です。

途中ではなさんのことがあったというのが結構自分の考えを変えていて、
修理をすれば当然外装も変わり、きっと生まれ変わったように
新しい外観で帰ってくると思います。
(ハガキに、塗装されていますが、外装は変わりません、という注意書きが
 ありました。きっと修理の人も苦笑してたんだろうな〜)

自分が買った価格を大きく上回るお金をかけて新品のようにして帰ってくる。
なんか、それならば、今の姿のままで手元にずっと大切に置いておきたいな。
そんな風に思いました。

新しいカメラはかねてから自分の浮気の対象であったX100。
ただ、最新機種のX100Vはスペックも(そして値段も)大幅に自分には
不釣り合いなので、一個前のX100Fの中古にしました。
(X100Vはそれまでの機種と比べて防塵防滴、絞り解放からしゃきっとした解像度。
 とても魅力的ですけど、そもそも今までX20でやってきた人間からしたら、前世代の
 X100だって十二分にすごい進化を感じるはずだと思ったのです)

そのうち、このブログに上げる写真もX100で撮影した写真になります。
(とはいえ、まだまだX20の写真のストックありますので、当分はX20のままです)

 

f:id:Aozora100:20200627055418j:plain

正真正銘ラストショット。このあと、カメラをしまおうとしたら
ズームが動かず・・・ということでした。

ラストがこれまたなんでもない風景、そして特段見るべきところもない失敗写真。
実に僕らしい(^_^)
X20も最後がこれかよ、と苦笑していると思います。

X20とはこれでおしまい。
でも、カメラのこと、写真のこと、いろんな技術、それ以上にカメラの楽しみ方、
そして何より、人生の楽しみ方を教わりました。
だから、おしまいだけど、でもX20に学んだことはずっと僕の中で生き続けます。

撮影期間:2016年1月21日〜2020年6月12日
撮影枚数:44,811枚

お疲れさまでした。そして、今までありがとう。

f:id:Aozora100:20200626072043j:plain

f:id:Aozora100:20200626072111j:plain

f:id:Aozora100:20200626072125j:plain

以前にチャレンジしたX20の撮影。
へ、へたくそ・・・今度は新しいカメラできれいに撮れるように頑張るからな。
こいつはいつまでたっても進歩しねーな〜と苦笑いしながら見守っててくれ。