空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇む、ささやかで、見落とされがちな奇跡たちを、手紙を綴るように写真に残せたら。

X20よ、ありがとう。

f:id:Aozora100:20210207151702j:plain

f:id:Aozora100:20210207151709j:plain

f:id:Aozora100:20210207151725j:plain

f:id:Aozora100:20210207151726j:plain

f:id:Aozora100:20210207151740j:plain

f:id:Aozora100:20210207151753j:plain

f:id:Aozora100:20210207151759j:plain

f:id:Aozora100:20210207151808j:plain

f:id:Aozora100:20210207151815j:plain

f:id:Aozora100:20210207151824j:plain

f:id:Aozora100:20210207151829j:plain

f:id:Aozora100:20210207151841j:plain

 ※撮影:2020年5月。庭、近所。

今回の写真UP分がX20の最後のストックになります。
5月に壊れてX100Fを使い出したので、もうかれこれ10カ月(!)。
写真のUP時期はどんどん遅れる一方ですね~(汗)

撮るスピードとブログに書いてあげるスピードが全く一致していないために
こんなことになっているんですが、ただ、実は個人的に、寝かせた写真をUPするという
スタイルは気に入っております。
自分は、写真を撮ると、大体一週間以内にはパソコンに取り込みます。
取り込むときに、まずどの写真をブログ(やSNS)に上げるか絞ります。

ブログを書くときに、ストックされている写真から順番に上げていく・・・訳なんですが、
撮った直後くらいって、撮影したときの熱い気持ちがのこっていて、なんだかんだ沢山、
これもいい、あれもいい、って選んじゃうんですよね。
それが、しばらくたつと、特に今は半年もたっていると、気持ち自体は記憶として覚えて
いても、その熱さとか、感情にまつわる部分ってのはもう完全に風化しているので、
すごく冷静に、自分が撮影したっていうことは置いといて、それぞれを単純に一枚の
写真として見ることができます。
そういう気持ちで見たときに、それでもなおぐっと惹きつけるものがある、あるいは
気持ちが動かされる、っていう写真だけをさらに選ぶことができて、そうでない写真、
ただの説明や、写ってます、以上、みたいな写真を篩にかけることができて、より
厳選することができます。
(このブログは、これでも写真を厳選してるんです!!笑)

ブログに上げるってことでもそうですが、そうやって、熱い気持ちが残っているとき、
そうじゃないときと自分の写真を何度も見る機会を作れるので、今のスタイルを
密かに気に入っています。
そして不思議と、書いている文章とそのとき選んだ写真が、なんとなく自分の中では
しっくりきたりします。まぁこれは完全に主観ですが。

ともあれ、これでX20、オーラスです。
いいカメラだったな~と思うし、たくさん成長させてもらったな~とも思います。
やっぱりちょっと、どうしてもノスタルジックになりますね・・・
ありがとう、X20。そしてさようなら、X20。
(カメラそのものは今もこれからも手元に残ってますが(笑))