空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

木を伐採する、木の命をいただく。

f:id:Aozora100:20180511190816j:plain

f:id:Aozora100:20180511190841j:plain

f:id:Aozora100:20180511190906j:plain

f:id:Aozora100:20180511190919j:plain

f:id:Aozora100:20180511191050j:plain

f:id:Aozora100:20180511191114j:plain

読んで字の如く、見て写真の如く。

木造で家を建てるってことは森の木を切り倒すということ。

それは命をいただいているということ。

実際に伐採に立ち会う度に、改めてそのことを実感しなおし、敬虔と畏れを感じなおす。

だからこそいい家にしようと思うし、少なくとも木が山で育った年数以上は

家の柱として大切に残したい。

命に感謝。