空色のパノラマ

空色のパノラマ

日々感じたことを写真(x20)と言葉で。https://www.facebook.com/profile.php?id=100002288124859

できて当たり前、は決して当たり前じゃない。

f:id:Aozora100:20190609111710j:plain

f:id:Aozora100:20190609111723j:plain

f:id:Aozora100:20190609111735j:plain

f:id:Aozora100:20190609111745j:plain

f:id:Aozora100:20190609111757j:plain

f:id:Aozora100:20190609111809j:plain

f:id:Aozora100:20190609111818j:plain

f:id:Aozora100:20190609111827j:plain

f:id:Aozora100:20190609111837j:plain

f:id:Aozora100:20190609111854j:plain

今の自分の仕事はどちらかといえばディフェンシブといいますか、平穏に過ぎれば
何もなく、ミスをしたりすれば大事になるという仕事で。
つまり怒られることはあっても褒められることはないというか。
先日同僚がミスをした〜とへこんでいた。

世の中のニュースも。何か(悪いことが)起こればニュースになるけど、
今日も無事に電車が運行しました、車が歩行者の横断を待っていました、
そんなことはニュースにならない。

人間関係も家族も子育てもそうかもしれない。
日々の目立たないことはそのまま目立たずに気づかずにすぎて、
何かやらかせば怒ったり怒られたり、口に出さなくてもそのことがその人の
印象として頭に残ったり。

でも。

毎日の繰り返しであっても、いつもやっていることであっても、それをまた
今日も同じようにするのは簡単じゃない。
体が覚えていることでも急に混乱したり、ふとわからなくなったり、
あるいは毎日緊張しながらやっていることだったり。
だから確認する。これでよかったっけと悩む。でも前に進むしかない。
体の感覚を信じる。記憶を信じる。
そんな努力を寸断なくしている結果、何もない1日が完成する。

だから。

ミスはよくないし、叱られたりするのも当然だけど、だからといって
そこだけに注目して相手を、自分を評価しない。
その一回以外の膨大な何もなかった1日の積み重ねに目を向けて、
感謝したい、尊敬したい、頭を下げたい。
そんな何もないことに気づける人間になりたいと思った。