空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙のように綴った写真の記録。

日常という名の一期一会の繰り返し

※撮影:2022年5月。近所、自宅。

 

ようやく写真が5月に入ってきました。
この頃は長持ちをやってたな~とか、御柱の頃で町中に飾りがあったな~とか。
そういう分かりやすい変化でなくても、同じような毎日であっても、その一日は
その日しかなくて、そしてそれを写した写真もまたどれだけ似たような写真で
あってもやはりそのとき限りの一期一会のものだな、と思います。
(本当はそういうことを文章なんかなくても写真だけで自然と伝わったら
 かっこいいんですけどね!!(笑))