空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙のように綴った写真の記録。

自分自身や身の回りの世界をどう感じるかも気持ち次第。

撮影:2022年1月。諏訪湖、近所、職場から。

新年度になり、地区のPTA会長になったはいいんですが、コロナ禍なのか、本来は
3月中に召集されて新年度の予定を決めていく、という流れがまだ組めないでいます。
そして、今年は御柱の年で、あまり知られていないことですが、各地区には小宮と
呼ばれる小さなゆかりの神社があり、それらも一斉に御柱祭を行います。
ところが、この小宮の御柱の長というのが、本来別の人がやる予定だったのが
何やら家庭の事情でお願いできず、PTA会長と兼務で自分がやることになりました。

・・・というようなことを、実は今まで全然地域のPTA活動に参加できていなくて
全く知らない状態で引き受けたので、あとからそういった話しが分かってきて。
そしてこの小宮の御柱も、そもそもの御柱がコロナでいろいろ状況が変わってる中で
同じく定まらず、こちらも4月にはどうも動き出さないといけないのにまだ動けて
いない状態です。

ついでに、どうやら前年度のPTAの人が届け出を間違えていたらしく、私以外の
二人のPTA役員の人の枠割分担がおかしくなっていて、ここがもめだしたりで、
それを収めるのに4月の前半は四苦八苦してました、と。

で、結局、いろいろ始まらず、やらなきゃいけないことは分かるものの、
何をしていいか分からず、気持ちがもやもや心配な状態が続いていました。
で、とりあえず説明を待たずに過去の記録を把握しようと、お願いして入手した
書類を分からないながらも整理して、結局やっぱり召集を待たなければいけない
ものの、なんとなく一年の内でやることが見えて、少し気持ちが落ち着いたように
感じました。

自分でも分かりやすいな~と思ったのが、そんな風に後から思えばって感じで
文章にまとめてますが、そのときは、そこまで気持ちに影響が出ているとは
思ってなかったんですが、そうやって一年のやることを整理する前は、
自分が撮った写真を振り返ったとき、なんかイマイチだな~と感じてました。
そして、通勤途中などで、あんまり撮りたい!って瞬間が訪れないな~とか。
(前回のブログの記事がそうなんですが、そのときは花粉症のせいで多分
 気持ちの調子が悪いんだろうな、と思ってました)

ところが、そんな風にやるべきこと、に一応整理をつけてみたら、その夜、
自分の写真があれ、やっぱいいじゃん、って思えたり、
通勤途中もあれ撮りたい、これ撮りたい!!って思う瞬間がたくさん
訪れて、ああ、なんて自分は分かりやすいんだろうなぁと思った次第。

写真の出来栄えはともかく、そうやって、身の回りを撮りたいって思える状態が
戻ってくると、どちらが結果か分かりませんが、楽しいなぁって感じられて
とてもうれしい毎日です。
(写真が撮りたくてたまらない!!ってのが自分の原点で、自分らしさだと思って
 いるので、やっぱそういう状態に戻るとなんだかほっとします)