空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙のように綴った写真の記録。

日日是好日。

f:id:Aozora100:20220206194652j:plain

f:id:Aozora100:20220206194702j:plain

f:id:Aozora100:20220206194729j:plain

f:id:Aozora100:20220206195130j:plain

f:id:Aozora100:20220206195205j:plain

f:id:Aozora100:20220206195243j:plain

f:id:Aozora100:20220206195303j:plain

f:id:Aozora100:20220206195339j:plain

f:id:Aozora100:20220206195404j:plain

f:id:Aozora100:20220206195415j:plain

撮影:2021年12月。諏訪湖、通勤の行き帰り。

夜に一日を振り返ったとき。
ふと日々を考えたとき。
ああ、いい日だなぁ。いい日が続いているなぁ。うれしいなぁ。
最近はそんな風に感じられる日々が続いています。

苦労知らずってことでもなくて、仕事とか、プライベートとか、いろいろなことが
なくはないんですが、それでも、人に助けられたり、笑顔をもらったり、気遣いを
もらったり、うれしいこと、楽しいことがいっぱいあって。

ややこしい問題を孕んだ仕事を仕上げて、でもきっとこれは小言もらうなぁという
のを好意的に冗談交じりに受け取ってもらったり、久しぶりに行った床屋の店主が
覚えていてくれたり、偶然に立ち寄ったテイクアウトのお弁当屋さんが旧友だったり、久しぶりに訪ねた友人の洋裁店でアートや表現、生きることについて深い話が
自然とできたり、友人によい本を教えてもらったり。

きっと、自分の苦労は、要約したら普通というか、客観的に見たらまぁ地味な、
取るに足らない出来事だと思います。
そしていいことってのも、まぁささやかなものだと思います。
でも自分にとってはその一つ一つがとても大切で、そういうことの積み重ねが
すごく愛おしくて。

きっとやっぱり、運がよかったり、恵まれているんだな、って思います、
そういう風に思えるってことは。
毎日が楽しい。幸せ。
感謝を重ねる日々です。