空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

冬の、朝の、逆光の、諏訪湖が好き。

f:id:Aozora100:20220128205206j:plain

f:id:Aozora100:20220128205242j:plain

f:id:Aozora100:20220128205325j:plain

f:id:Aozora100:20220128205357j:plain

f:id:Aozora100:20220128205443j:plain

f:id:Aozora100:20220128205458j:plain

f:id:Aozora100:20220128205522j:plain

f:id:Aozora100:20220128205548j:plain

撮影:2021年12月。諏訪湖。

自宅から歩いて5分ほども行くと諏訪湖という場所に住んでいて、毎朝のように
諏訪湖に散歩に行っています。
昔はその環境が当たり前すぎてなんとも思わなかったんですが、
一度東京に出て戻ってきてから、諏訪湖を写真で撮ることがすごく楽しくて、
諏訪湖に行くたびに写真を撮っているので、ほぼ毎日諏訪湖を撮っています。

春夏秋冬、朝昼晩、一度として同じ表情はなく、いつも違った魅力を感じますが、
そんな中でも一番好きなのが、冬の凍てつくような寒さの中、日の出前後で、
そして明るい方向を向いた景色が、澄み渡っていて好きです。
(余談ですが、僕のカメラの設定・・・色味とかそういうのはこのタイミングの
 諏訪湖に合わせています)

ただ、好きと得意は別物で、たくさん撮った中で自分で気に入った写真はたいして
多くないです。
難しい。だからこそチャレンジし続けられるんだろうな、という。

今回の写真は全部同じ日の朝に撮ったものです。
12月の11日、まだ諏訪湖が凍る前の、それでもそれなりに寒い頃。
いい色合いと雰囲気が撮れたな〜と自画自賛です(^_^)