空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇む、ささやかで、見落とされがちな奇跡たちを、手紙を綴るように写真に残せたら。

カブトムシの子孫たち、無事に故郷へ。これでお別れのはずが・・・

f:id:Aozora100:20211017151453j:plain

f:id:Aozora100:20211017151508j:plain

f:id:Aozora100:20211017151617j:plain

f:id:Aozora100:20211017151639j:plain

f:id:Aozora100:20211017151640j:plain

※撮影:2021年6月〜7月。自宅、泉湖。

ブログに書いたかどうか忘れてしまいましたが、去年の夏、息子が自由研究で
カブトムシの研究をしたいと言い出して、街中や裏山に罠をしかけて空振りし、
最後は山の方にある泉湖という場所でカブトムシをオス3匹、メス3匹捕まえて、
カップルにして飼育していました。
それぞれが卵を産んで、それが約200個、みんな無事孵り、その数に途方にくれて、
最終的に地域の保育園にもらってもらったりしながら20匹、自宅で飼育していました。

そして今年の夏。全員無事に孵化~羽化し、おとなになったカブトムシたちを
故郷に解放してきました。
みんな元気に旅立ってよかったね〜と家に帰ってきて片付けをしていたら、
なんとまた卵がある・・・

水槽一つに2匹で幼虫を育てていたんですが、羽化して雌雄の組み合わせを
変えるまでのほんの数時間の間に、どうやら愛を育み卵を産んだようです。
ああ、なんと素晴らしい、自然の、生命の、たくましさと子孫繁栄(笑)


カブトムシを育てるのは結構大変で、これで人間も解放!!
って気分もあったんですが、
もう1年、20匹ほどのカブトムシとまた付き合う事になりました(笑)