空色のパノラマ

空色のパノラマ

なにげない毎日の中にひっそり佇むささやかで見落とされがちな奇跡を、手紙を綴るように。

朽ちているものが好き

f:id:Aozora100:20210811203355j:plain

f:id:Aozora100:20210811203422j:plain

f:id:Aozora100:20210811203510j:plain

f:id:Aozora100:20210811203538j:plain

f:id:Aozora100:20210811203547j:plain

f:id:Aozora100:20210811203636j:plain

f:id:Aozora100:20210811203725j:plain

f:id:Aozora100:20210811203735j:plain

f:id:Aozora100:20210811203759j:plain

※撮影:2021年4月。少し遠くの里山、近所。 


田舎ですと自分の畑の端っこなんかに車を置いて、それが何年も何十年も経った
光景を目にします。
そこまでくると、元は人工物ですが、もはや自然の一部というか、自然が朽ちた
姿とあんまり変わりなく全体で風化し、とけこみ、自然に取り込まれて行きつつ
あるような感覚を覚えます。

僕はこういう光景が大好きで、人の手によるものが、さびたり、経年変化している物を
見つけるとついつい写真に収めています。

あとは散歩の風景や近所で見かけた光景など。
しかしこうして見返すと、4月はまだまだうすら寒く、空気の感じが今と全然
違うなぁと感じます。
ここ長野県の諏訪も一週間くらい、熱帯夜とまではいかずとも日中も夜も暑い日が
続いておりましたが、おとといくらいから朝晩は涼しくなり、日中は暑いもののだいぶ
過ごしやすくなってくると同時に、秋の気配を感じるようになってきました。

十二分に夏は堪能したので、このまま穏やかに秋に移って行ってほしいと思いますが
さて。