空色のパノラマ

空色のパノラマ

FujifilmX20で日々の中の美しさをいつか写しとれるように精進しつつ、写真を撮ること自体が楽しい日々の記録。

今日の空〜そして、なぜX20を使い続けているのか

f:id:Aozora100:20170820185109j:plain

f:id:Aozora100:20170820185115j:plain

僕は光学ファインダーが好きです。
電子ビューファインダーには違和感を覚え、
液晶を見ながら撮るという行為は
どうしても馴染めません。
(スマホも持っていますがメモ的な意味合いでしか撮影しません)
 
とはいえ、ハイアマチュアでもなければ写真上級者でもなく、ただの素人。
昔、ロモのLC−Aが面白くてそれでずーっと撮っていたんですが、
カメラが壊れて以来、ファインダーにこだわったためにデジカメになかなか移行できず・・・
 
撮影のために出かける、撮影のために何かするのではなく、
日常の中で、はっとしたときや、おっと思ったときにいつでも撮りたい。
自分の中では写真を撮る行為はとても大切なことで、
同時にとてもさりげないこと。なにげないこと。
 
それを満たすためには、光学ファインダーがついていて、
そして肌身離さず持ち歩ける大きさ・重さであること。
一眼レフでは大きすぎて重すぎる・・・量販店で手に持って肩にかけて断念しました。
 
そして、購入当時でも型落ちで中古しかありませんでしたが、
富士フィルムのX20を選択しました。
(X100は・・・高い。
いつかはX100に移行したいですが、それはX20のポテンシャルを出し切った後)
 
高感度は弱いし、
ピント合わせは難しいし、
パララックスもありますが、
それでも撮影がこんなにも楽しい、
それすなわち毎日がこんなにも楽しいこのカメラに
後悔はありません。
 
僕は、撮影するときは液晶はいつもオフにして、ファインダーのみを覗いて撮ります。
(除く接写、あるいはどうしても正確に水平他を出したいとき、主に業務的な写真)
撮影した画像もその場では一切確認しない。間をあけてからパソコンで確認するという、
なんちゃってフィルムカメラ的作法で撮影してます。
これがまた・・・とても楽しく写真を続けられております。