空色のパノラマ

空色のパノラマ

日々感じたことを写真(x20)と言葉で。https://www.facebook.com/profile.php?id=100002288124859

文章:思い

雪の諏訪湖とずっと走り続ける息子と自分を振り返る

いつの写真だよ、って話しですが、4/1〜4/4です。マイペースに時系列順に上げていて気づいたらまたもや二ヶ月遅れ。まぁこんな感じでマイペースです。そういえば4月に雪が降ったなぁ、その頃も息子は走ってたなぁ、なんだかんだでタイムを4分も縮めたなぁ。…

できて当たり前、は決して当たり前じゃない。

今の自分の仕事はどちらかといえばディフェンシブといいますか、平穏に過ぎれば何もなく、ミスをしたりすれば大事になるという仕事で。つまり怒られることはあっても褒められることはないというか。先日同僚がミスをした〜とへこんでいた。世の中のニュース…

子育ての反省

まぁ子育てなんて反省の連続だと思うんですが、そして僕は反省するたびに日記(気の向いたときい書くメモに毛が生えたようなノート)につけているんですが、長い間気づかずやっていたことに先日ふと気づき、うわぁあああ、と思い、これは絶対改めなければと…

44にして人生初の夢を持つ

先日、知人のライブに行ってきました。そのライブが大変素晴らしく、久しぶりにCDを聴く以外の形で音楽に刺激され、バンドやりたい!!と人生何度目かの気持ちを持ちました。しかし、若い頃に全然楽器をやってなくて、今更この歳からそんなバンドなんてでき…

以前にアクセスを気にしていたときに気づいた話

おかげさまでこのブログを読者登録していただいたり、記事を読んでいただいたり、コメントをいただいたり、自分が書いたものに反応があるのはうれしいなぁと日々感じています。以前に、読者を増やしたい、アクセスを増やしたいと思ったことがありました。ま…

人と比べない。

他の人がどうかはよく知らないけど、僕は結構な数の人のはてなブログで読者登録している。全部は正直見て回れないから、一覧で見てアイキャッチ画像に惹かれたり、タイトルに惹かれたり、冒頭の文章に惹かれたりしたものを読んでいる。特にやっぱり写真に興…

よりみち

仕事は、毎日は、基本的にはほぼ同じことの繰り返し。たまに、ちょっと、新鮮さやワクワクよりも、はぁ〜というため息をつくような気分になるときがある。そんなときは、いつもと違うみちを通って通勤する。リハビリ。自転車で通勤しているので、結構みちは…

頭痛という名のプレゼント

このブログでも何度も書いてるけど、僕は小学校からの筋金入りの頭痛持ちで、東京で働いていた頃は偏頭痛がひどかったけど今では偏頭痛はほとんどなく、でも緊張型頭痛(まぁ普通の頭痛)は毎週必ず起こり、月に一回くらいは寝込むくらいの頭痛になる。頭痛…

理解に時間がかかる、ということは強みでもある。

掲載している写真とは全く関係ないんですが。最近ふと思ったのが、自分はまぁ理解するのに時間が必要な人間で、新しい職場で新しい仕事の手順を教わっても、そうなっている背景を理解し、流れと影響を絵に描いて整理して、というプロセスを経てようやく飲み…

ユージューフダンな男

僕はとても優柔不断です。食堂に入ればメニューが決められず、どっちにする?と聞かれれば大抵うろたえ、本当はもっとじっくり考えたいけど優柔不断って思われたくないから勢いで答えて大概しまった、と思うし、自分の運転する車のシートはしっくりくる位置…

経年変化というものが好き

前の仕事の影響(無垢の木と土壁で家を建てる)もあるだろうし、元々の性格もあるだろうし、ともあれ、僕は経年変化(物や建物などが時間が経過したり使用されていく中で変化していくこと)が全く気にならない。いえ、気にならない、のではなくかえってそれ…

夕暮れ時の蒼と伝えたい気持ち

マジックアワーは多分もっと後の時間だと思うんだけど・・・夕暮れ時の蒼が濃い時間の空がとても好きで。淡いところと濃いところがあり、そこはかとなく夕焼けっぽい色もかかってきて、西の方角のものはシルエットに変わっていって。このときに自分が感じて…

穏やかな日々を当たり前と思い、傲慢になり、息子をコントロールしようとした話

おがげさまで平穏無事な日々が続いている。大きなトラブルや心を追い詰められるような事態もなく。よかったよかった。めでたしめでたし。とならないのが僕の未熟なところでして。この穏やかな状態が続いている内にいつの間にかだんだんそれを当たり前のよう…

白い空

空と雲と太陽が織り成す景色というのは本当に飽きない。

光を浴びて。

光を浴びながら通り過ぎる人、自転車。本を読んでいるような、物語を見ているような、そんな気持ちになったりする。

駅は今、朝の中。

曇る蒸気抱きしめて、僕は今、さよならを、右の頬だけで。僕の大好きなムーンライダーズというバンドの「駅は今、朝の中」という曲の歌詞なんだけど、大学のときにこの曲を今までもずっとこの曲が大好きで、青春と晩秋が混ざったような、諦めと希望を同時に…

今そこここにあるものが、これからもあるとは限らないから。

僕が撮る写真は日常の中で出会ったものがほとんど。それは、毎日の生活の中で写真を撮れるタイミングが日常にしかないからなんだけど、それを制約と思ったことはない。毎日の生活の中で、いいな、と思う瞬間は山のようにあって、そのときに写真を撮ることが…

新しい人間関係が始まってから意識していること。毎日対人関係をリセットするということ。

なんていう大げさなもんでもないかもしれないけど。前の職場を辞めた後にいろいろ考えたり本を読んだり自分を見つめ直して出た答えが、自分は対人関係に依存し、対人関係に左右されやすい、ということ。周りの人と仲良くなり、周りの人を理解し、周りの人の…

電線と青空と雲と水たまりに映った青空

どんだけ好きなんだよって話しなんだけど、好きなんだからしょうがない。

光と戯れる、その2。

という訳で前回に続き。今回は屋外編。僕は毎回芸もなく撮影してきて取捨選択した写真を時系列に沿ってあげているんだけど、(テーマ別にしたり並び替えたり・・・見せ方も大切な要素だとは思うんだけど・・・)たまたま並べてたら光が強調されてる写真が並…

青空百景

青空は、いつもそこに。僕らの上にも、下にも。

放っておくと面倒くさがり億劫になってくる。そこでチャレンジするとまた面白くなってくる。

基本的に人は(僕は)面倒くさがりです。それは何も仕事とかやるべきことじゃなくて例えば大好きな写真でさえ、自分の得意な構図や被写体ばっかりになったりもっと離れたら?しゃがんでみたら?設定を変えてみたら?みたいな試行錯誤をしなくなったり。子供…

小さないいな、を積み重ねているといつの間にか幸せになっている気がする。

幸せになるというのは、何かをかえることではなく今の自分は幸せなんだ、と感じ方が変わることだと思っている。問題の解決や悩みに向き合い克服するとか人間関係をよくするとか、そういう大きな部分で自分がどういう態度で臨んでいくか、ということもとても…

空色カメラ(富士フィルムX20)

僕の愛機、空色カメラこと富士フィルムのX20。発売されたのは6年前の2013年3月。僕が購入したのは3年前の2016年1月。すでに後継機のX30も2014年に発売されていた頃。ソニーのRX100もあったしリコーのGRもあったしパナソニックのLX100もあった。それでも僕は…

2019年のテーマ。人は人、自分は自分という生き方へ。

あけましておめでとうございます。いつも拙いブログを見ていただきありがとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年は転職、というのが大きな出来事だった。正確に言うと、転職自体もまぁ小さな出来事ではないけど、それ自体は後から思えば意外に突…

割といい写真撮ってるじゃん。

いやいや、そのタイトルでこれらの写真かよ、って思った方、今から説明しますね(笑最近、写真の本をよく読んでいる。ナショナルジオグラフィックのブライアン・ピーターソンのシリーズや、割と硬派目の構図の本が面白くて。(こうすれば撮れる、傑作写真!…

嫌われる勇気、の実践は一筋縄ではいかない。でもそれがとてもやりがいがある。

以前にも書いたけど、仕事を辞めたのをきっかけに「嫌われる勇気」を読みそして僕はとても感銘を受け、日々実践をしている。いや正確には実践しようとしている。そして実際には試行錯誤している。自分の課題と相手の課題の分離。上からの評価ではなく感謝を…

カメラマン誕生。

僕がX20を手に入れたのが2015年の正月。以来、比喩でなく片時も離さずに持ち歩き、チャンスがあれば写真を撮っている。そんな様子を息子は4歳の頃から見ているので、自分も写真を撮りたがる。はじめはおもちゃみたいなカメラをと思っていたんだけど、こんな…

黒部ダムに生まれて初めて行ってきた。

先日、家族で長野県の黒部ダムに行ってきた。黒部ダムで使われているトローリーバス(電車の仕組みで頭の上の線から電気をもらって道路を走るバス)が、もう修理の部品が調達できず今年で廃止になると聞いたので。・・・なんか詳しそうに書いたが、僕はまだ…

息子に学ぶ

仕事を辞めたからという訳ではないが、これをきっかけに人と話し本を読み、自分を見つめ直す中で、もっとも身近な人である家族との向き合い方にも少し変化が出た。特に子供達に対して。息子に対して。自分の気持ちをフラットにして先入観なく見るようになっ…